診療内容

整形外科

小さなお子さんからお年寄りの方まで全年齢の患者様を対象に四肢のしびれ、関節痛、腰痛といった日常生活にかかわる症状や、骨折・脱臼などの外傷、骨粗鬆症、関節リウマチといった疾患に対し専門的な治療を行います。
当院ではあまり手術は行っておりませんが、手術が必要な場合は地域の総合病院と連携を取り治療に当たらせていただきます。

症状から探す

首が痛い

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板の膨隆や後方への脱出により神経を圧迫することで手足のしびれや筋力低下、細かい作業が難しくなるなどの症状を起こします。

頚椎症

頸椎の関節が変形してきたり、椎間板が痛んだりすることで痛みを伴うようになったり肩こりが強くなったりします。手指のしびれを認めることもあります。

肩が痛い

肩関節周囲炎(五十肩)

明らかな誘因なく突然の肩の痛みをみとめ、痛みのため肩を挙げることが難しくなり、可動域の制限を認めるようになります。夜間の痛みを認め、痛みのため夜目覚めるという方もいらっしゃいます。

肩腱板損傷

腱板(肩を動かす4つの筋肉の集合部分)の損傷のため肩関節運動時に痛みが出現したり、肩関節の運動制限を認めたりします。外傷に伴って起こることもありますが、肩関節の変形や筋肉・腱の変性によっておこることもあります。

石灰性腱炎

肩周りの筋や腱に石灰が沈着し炎症を起こします。激しい痛みの原因となることもあり、痛みのため肩の運動が著しく制限されることもあります。

肘が痛い

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

中年の女性に多く、テニスに限らず、腕・手首の使いすぎで起こることが多いです。ぞうきん絞りやドアを開けるときに肘の外側に痛みが出ます。テニスのバックハンドにより発症することが多くテニス肘とも呼ばれます。

変形性肘関節症

肉体労働の方や肘関節の外傷後の方で起こることが多いです。肘関節周囲の骨の変形のため肘関節の運動が制限され、運動時の痛みを伴います。

肘内障

ちいさなお子さんが手を引っ張られて受傷することが多いです。腕をだらんと下げたような姿勢になり肩も動かさなくなるため肩を脱臼したと思われるご家族もいらっしゃいます。

手首が痛い

変形性手関節症

手首の骨折後に起こることが多く、手首の運動時痛や運動の制限を認めます。レントゲンでは狭くなった関節の隙間を認めます。

狭窄性腱炎

親指の付け根から手首の親指側にかけての痛みを認めます。女性に多く親指を内に握った状態で手首を小指側に曲げると痛みが強くなります。de Quervain(ド・ケルバン)病ともいいます。

関節リウマチ

手首は関節リウマチの好発部位の1つです。朝のこわばりや指の腫脹・疼痛を認めることが多く、その他全身のさまざまな関節の痛みや腫脹を伴うこともあります。
炎症により関節の破壊・変形が起こり、進行すると関節の動きが悪くなったり見た目上の変形を起こしてきます。

指が痛い

ばね指

腱の炎症などにより腱が肥厚することで腱鞘と呼ばれる腱のさやに引っ掛かり、指の曲げ伸ばしをする際に引っ掛かったり、曲がったまま伸びなくなります。女性、右手に多い傾向があります。

Heberden結節

60歳以降の女性に多く、第1関節が変形し太くなります。腫脹し痛みを伴いますがあまり痛みを訴えられない方もいらっしゃいます。

母指CM関節症

閉経後の女性に多く、ものをつまむときに親指の付け根に痛みが出現します。病気が進行すると親指を開く動作が難しくなってきます。

関節リウマチ

指も関節リウマチの好発部位です。手首の場合と同様に朝のこわばりや関節の腫脹・疼痛を認めることが多いです。

腰が痛い

急性腰痛症(ぎっくり腰)

腰をひねったりものを持ち上げるなど不意の動作で急に激しい腰痛が起こります。腰椎椎間板ヘルニアが原因となっていることもありますが原因がはっきりしないこともあります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰痛に下肢の痛みやしびれを伴うことが多いですが腰痛がないこともあります。椎間板という脊椎の骨と骨の間にある組織の一部が飛び出し神経を圧迫することで症状が出現します。程度がひどくなると足の力が入りにくくなったり、排泄の問題を起こすこともあります。

変形性腰椎症

年齢とともにクッションの役割をしている椎間板がつぶれたり、骨と骨のかみ合わせが悪くなることで痛みが出現し腰の動きの制限を認めるようになります。これ自体は加齢性変化であり、病気ではありませんが腰部脊柱管狭窄症の原因となっていることが多いです。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管と呼ばれる背骨の中の神経の通り道が狭くなることで下肢の痛みやしびれなどの症状を引き起こします。もっとも特徴的な症状は歩行と休憩をくりかえす間欠跛行(かんけつはこう)です。安静にしたり前かがみにしている時には症状は落ち着いていますが、歩いたり長時間立っていたりすると下肢のしびれや痛みが強くなり歩きにくくなります。

股が痛い

変形性股関節症

股関節を形成する骨の軟骨成分がすり減ることで痛みが出現します。軟骨がすり減ってくると関節の隙間が狭くなってきて少しずつ骨が変形していきます。年齢に伴う変化として起こってくることもありますが、外傷であったり小さい頃の股関節の発達がその変形の原因となっていることもあります。

大腿骨頭壊死症

大腿骨の骨折や脱臼後に起こる外傷性のものや、ステロイドの内服やアルコールの多飲に関連したものがあります。女性はステロイド性、男性はアルコール性が多い傾向があります。ステロイド性では少量のステロイドを長期間飲んでいる方よりも短期間で大量に投与された方のほうが発生しやすいとされています。

膝が痛い

偽痛風

ピロリン酸カルシウム結晶が原因で痛風に似た発作を起こします。そのほかの関節でも起こりますが膝関節での発症が最も多くみられます。高齢の方に圧倒的に多く、レントゲンでは関節内に石灰化を認めます。

診療の流れ

受付

初診の方は保険証を提示していただき、受診申込書に記載をお願い致します。
受付時間は午前が9:00~11:30、午後が16:00~18:30となっているためご注意ください。

受診

当院は予約制ではありませんので受付順に診療をさせていただきます。(診療内容によっては順番が前後することがあります。ご了承ください。)
呼ばれたら診察室に入っていただき、診察の上必要に応じて各種検査を行います。その後、症状に合わせて必要な治療をさせていただきます。

お会計

診察、検査、治療が終わりましたらお会計をさせていただきますので待合でお待ちください。
当院では院外処方をしております。こちらで発行した処方箋を最寄りの薬局に提出し、お薬をお受け取りください。

お気軽にお問合せください

安藤整形外科は、岐阜県土岐市を中心として診療を受付ております。下記お電話番号よりお問合せください。
また、フォームからのご相談は下記リンクにて受け付けております。

0572-55-5532

受付9:00~12:00、16:00~19:00
休診日水曜午後、土曜午後、日祝